フィリピン移住で必要な手続き
●日本大使館/銀行開設/フィリピン送金/年金送金について









フィリピンへの道 トップページ マリンドゥケ島案内 交通・観光 マリンドゥケ島案内 交通・観光
VISAの取得と種類 フィリピン移住 手続き フィリピン 荷物を送る
PNB送金依頼書 国民健康保険医療 診療内容証明書 申請書式
診療領収書書式 国民健康保険用 国際疫病分類表 診療内容証明書 申請書式

フィリピン移住 特徴 愛のボランテア あなたの不要品


マリンドゥケの旅 lolopapaの趣味悠々 写真集







フィリピン移住の手続き



日本の手続き
フィリピン移住で年金の送金依頼や介護保険・医療保険等の役所の手続き

フィリピンの手続き
フィリピンでは役所等への移住手続きは必要ありません。
年金送金の銀行口座開設が必要です。
口座開設には最低5000ペソの預金が必要です。
フィリピン移住にはVISAの取得が必要です。
VISAが発行されますと、
外人登録証(エイリアンカード)が発行されます。通常はこのカードがIDカードになります。
アニューワルタックスは年間約400ペソをフィリピン入国管理局に収めることになります。
もし、納付期限が過ぎれば、延滞金ペナルティーが科せられます。
詳しくはVISAのページを参照してください。





フィリピン送金の手続き


フィリピンへの送金いついて

フィリピンへの送金の方法をご案内します。
マリンドゥケにはPNB(フィリピンナショナルバンク)銀行があります

年金の振込みや参加費の振込みは通常の銀行(日本)からの振込みも可能です。
各銀行により送金手数料が異なりますから
PNB銀行の口座開設が必要です。

フィリピンへの送金は安全に早く送金されること、そして送金の手数料です。
手数料については、シティバンクは送金手数料は一律4000円が必要です。
PNB東京支店からPNBに送金すると手数料一律2000円と安く付きます。
また、郵便局からの送金が為替証明で現地の銀行・住所宛てに送られます。
手数料は一律2500円ですが、届くまでに5日から10日間の日数を要します。
その点、PNBは Door TO Door がありフィリピン全土をカバーする便利さもあります。
従って、PNB銀行東京支店ですと円建ての送金で可能ですから、
まず、第一関門の円→ドルへ交換手数料が不要です。
その日の円→ペソの為替レートでフィリピンのPNB銀行に送金されます。
当然、口座にはペソでの入金になりますから引き出しはペソとなります。
銀行、SM(モール)などでATM機で
一回10、000ペソ一日最高5回で50、000ペソの引き出しが可能です。
マリンドゥケにも数箇所ATM機設置があります。

マリンドゥケなど田舎ではマネーチェンジ商がなくレート損が生じます。
SM(モール)やホテルでの交換も可能ですが
マニラ市中での交換レートから比べれば100〜200ペソの違いの覚悟が必要となります。


PNB東京支店からPNBフィリピン本店・支店への流れ

地元銀行のATM機でみずほ銀行を通じPNB東京支店に手数料2000円と送金額を振込みますと、
フィリピンのPNB支店(マリンドゥケ ボアク支店)に送金されることになります。
また、地元(フィリピン)にPNBが無い場合はDoor TO Doorでの自宅送金が可能です。
PNB東京支店への送金依頼は、
ドル送金はなく、円で送金手続きで、現地での受け取りはペソとなります。
PNB口座には当日か、翌日(祭日、土・日曜日除く)には振り込まれます。
Door TO Doorを指定した場合でも3日あれば届くそうです。
PNB当行のウェブサイト資料の中の外国送金登録依頼兼告知書を
送金する額を当行に振込み後、公的証明一通を付けて当行へFAXすれば完了です。
(一回の送金額が10万円を超える場合は、依頼人の身分証明がその都度必要になります。) 
外国送金登録依頼兼告知書は下記のボタンをクリックして確認してください。
また、詳しくはPNB東京支店へ電話でお問い合わせ下さい。



マリンドゥケPNB銀行の口座開設について


マリンドゥケにはPNBの支店が州都ボアクにあります。
マリンドゥケ体験ステイ時に口座開設は可能です。
開設には写真2枚(サイズ5×5cm)及びパスポートのコピーが必要です。
最低預金高5000ペソから可能です。
銀行口座開設はご紹介します。


PNB送金依頼書
<サンプルはクリックしてください。>


現金の引き出しについて

PNB銀行カードでATM自動現金引出しが可能です。
ただし一日最高50,000ペソ(ATM)までしか引き出すことは出来ません。
一回10000ペソ、五回で50000ペソまで可能です。
体験スティ時、PNBマリンドゥケ支店で口座開設を行えばカード、窓口での引き出しが可能になります。
またクレジットカードが無い場合でも、PNBカードはSMなどでカードでの買い物できます。

送金手数料は一律 2000円(PNB東京支店からマリンドゥケPNB支店)です。
日本の銀行からPNB東京支店への振込み手数料は各銀行でお確かめ下さい。
尚、各クレジットカード VISA・JCBなどでの引き出しはマリンドゥケでは出来ませんからご注意下さい。
マニラでは引出しは可能です。

◆PNB BANK


PNBからPNBの流れは
地元の銀行のATM機でみずほ銀行を通じてPNB東京支店に手数料2000円と送金額を振込み
マリンドゥケのPNB支店に着金します。
ドル送金はなく、円で送金手続きがなされフィリピンではペソに変換して手元に届きます。
一回の送金額が10万円を超える場合、依頼人の身分証明書がその都度必要になります。
外国送金登録依頼書兼告知書を送金する額を当行に振込み後、
公的証明書一通を付けて当行にFAXすれば完了です。


◆LAND BANK PNBカードATM可

フィリピン送金には詳しくは銀行にお問い合わせ下さい。
各銀行からフィリピンPNB銀行への送金は可能です。
いずれにしましても送金手数料の多い少ないの問題になります。


移住参加費及びVISAの手数料の振込みの送金口座番号はメールでお問い合わせください。


年金の送金について

年金の海外送金の依頼は社会保険庁で手続きを行います。
社会保険庁からの年金送金は送金費用は国持ち、個人は負担が掛かりません。
日本円からドルに交換、ドルでフィリピンの本人口座に振り込まれます。
円からドルへの交換手数料、ドルからペソへの変換手数料が必要になります。
その手数料は振込み金額から差し引きされます。

年金の受給は海外に住所を移せば 、
(所轄の市役所へ「住所転出」 届け 移住先住所を届けます。
住所の移転届けは本人または、本人と同一住所人、他人への依頼には本人の委任状が必要です。)
「本人の口座」に社会保険庁から振込みされます。振込みの費用は日本銀行が手数料を負担。
社会保険庁から年一回 「現状報告書」 の、はがきがフィリピンの住所地に送付されます。
必要事項を記載し、
大使館、領事館の在留証明書を添付けして返送します。
この年に一回の現状報告書の返送は老いては大変な業となります。
確りした、介助人の手助けが必要いなります。
うっかりして書類の返送を忘れたら年金の受給の失効とあれば大変です。
また、
本人の口座は外国の銀行、社会保険庁の指定はありません。

海外移住では、当然現住所は外国への移転、日本大使館に在留を届けることになります。
海外で年金を受け取る場合は「現状報告書」要するに生存確認が社会保険庁から年に一回あります。
その時に必要になるのが大使館から発行される在留証明書です。
大使館への 「在留届」 窓口・FAX・郵送 または、 インターネット 「在留届電子届出システム」

http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ で可能です。

日本の現住所を海外へ移すとその時点から介護保険料の支払い義務はなくなります。
介護保険を支払っていても外国での使用は現在認められていません。
医療保険(日本)に加入している場合は定められた医療範囲で返納されます。



【日本での手続き】

住所転出
所轄の市役所へ「住所転出」 届け    移住先住所を届けます。
住所の移転届けは本人または、本人と同一住所人、
他人への依頼には本人の委任状が必要です。
介護保険
住所変更を行へば自動的に介護保険料の支払い必要がなくなります。
海外移住では例え保険料を支払っていても適応されません。
医療保険
健康保険は任意加入また後期医療保険(75歳から)
海外での医療は健康保険適応外ですが
国民保険における海外療養費制度の適応が可能です。
海外で治療を受け、帰国後、医療費の一部払い戻しの手続きが可能です。
@受診した海外の医療機関で掛かった金額の支払い
Aその医療機関で、治療内容や掛かった医療費等の証明書をもらう。
「診療内容証明書」 「領収明細書」 等の書類。
(外国語で作成されている書類等は日本語の翻訳文を添付けの義務付け)
B帰国後、加入の市町村窓口または、国保組合へ申請します。
Aの書類と「療養費支給申請書」を提出します。
C市町村または、国保組合から保険給付分が支払われます。

「診療内容証明書」 「領収明細書」のFormがありますから渡航には用意する。
年金の受給
年金の受給は海外に住所を移せば「本人の口座」に社会保険庁から振込みされます。
振込みの費用は日本銀行が手数料を負担。
社会保険庁から年一回 「現状報告書」 のはがきが送付されます。
必要事項を記載し、
大使館、領事館の在留証明書を添付けして返送します。

本人の口座は外国の銀行、社会保険庁の指定はありません。

【日本国大使館】

日本国大使館
「在留届」 窓口・FAX・郵送 または、
インターネット 「在留届電子届出システム
http://www.ezairyu.mofa.go.jp/  で可能です。

@緊急連絡等の援護活動。
A在外選挙人登録
B在留証明の確認書類。

年金の在留証明申請

必要書類(全てオリジナル)
@「在留届」の確認書類
A旅券
B手数料 公的年金受給は無料

申請及び受領時とも代理人が可能です。
代理人の場合は代理人は
申請者からの委任状及び代理人の写真付きのIDを持参させる。

問い合わせ 
(02)551−5710
Fax(02)551−5780
領事班直通 日本語 (02)834−7508


パスポートの切替申請

@一般旅券発給申請書  1枚
A戸籍謄(抄)本 1通 (発行後6ヶ月以内のもの)
B写真 3.5(横)cm×4.5(縦)cm 1枚
頭から顎の先までの長さが3.2〜3.6cmn大きさの顔
(写真のバックは無地)
C現在所持している旅券
D手数料 約8000ペソ

申請は代理人でも可能、受取は本人。

自動車免許証
申請目的 フィリピンの運転免許証の取得

運転免許証の翻訳証明交付について
必要書類(オリジナル)
@有効な日本の運転免許証
A旅券(パスポート)
B手数料 1050ペソ

申請及び受領時とも代理人が可能です。
代理人の場合は代理人は
申請者からの委任状及び代理人の写真付きのIDを持参させる。


このページのトップに 戻る

inserted by FC2 system